読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 暴飲暴食やめるにはパート2

 f:id:nonchoco2525:20170301010727j:image

66.楽しみを後にとっておく訓練をする

 

目の前の誘惑を我慢できない人というのは...

「楽しみは後にとっておいた方がより大きくなる」という経験をしたことがないのでしょう。

たとえば、お金を使わずに貯金できる人は

我慢強い人というよりはむしろ、通帳にお金が貯まっていくのを見たり、そのお金で買えるものを想像する楽しさを知っている人なんだとおもいます。

結局、人は楽しいことしか続けることができませんから

 

↑は『夢をかなえるゾウ』に出てくる貧乏神幸子さんの言葉です。

 

これを、ついさっき実際に体感したな〜と思ったので、今日はその話です。

 

つい先日、暴飲暴食やめるにはっていう記事をアップしたのですが、

http://nonchoco2525.hatenablog.com/entry/2017/02/15/073404

 

今回は、そのパート2になります!!!

ガネーシャの課題を通して発見した私のオリジナルな、考え方なので、まあ、はい、参考までにしかならないですが、

へんてこなので、面白がってもらえれば幸いです(笑)

 

 

お金を貯めるのも、暴飲暴食しないというのも、やることは同じだなとおもいました。

 

 

だって、どちらにも誘惑があって、

それに打ち勝つためのちょっとした勇気が必要なんです。

 

そんで幸子さんが言うように、

その誘惑に打ち勝った時に得られる大きなものを想像できる人が夢の実現に一歩近づくことができる。

 

私は相変わらず

食欲が止まりません。

 

 

すぐに「お菓子食べたい!!」って脳が思うんです。

たとえ、お腹いっぱいであっても😵

 

習慣ってこわいですよね〜。

そんでコンビニ、スーパーぷらぷらしちゃう。

 

でも、最近、そこで踏みとどまるようになってきました。

 

菓子パン1個を手にとって、

3分ほどにらめっこ、、、、😑😑😑

 

考えます。

 

今、食べるのか??

これ食べて、後で後悔するのがオチじゃないか?

これ食べたら、食欲スイッチ入って、もっと食べてしまうのがいつものオチじゃん??

 

今ちょっと我慢したら、

後悔しないし、お腹もスッキリする。

ダンスにも支障がない。

食欲スイッチ押さないから余計なお菓子食べなくても平気になる。

 

それが習慣にできたら、

健康にもいいし、プロのダンサーとしても良い身体になれる。

 

そうだ、この積み重ねだよ!

ほら!食べ物のことじゃなくて、他のことで気をまぎらわせ!!

 

あ、、なんか、食べんくても、大丈夫になってきた、、かも、、

 

よし!

さっさと帰ろう!

さっさと風呂入ろう!

歯磨きやっちゃえば、無駄なもの食べなくて済む!!

 

ほら、いい循環が巡るぞ〜!!

 

ってなことを自分に言い聞かせるんです。

 

 

それが楽しみを後にとっておく訓練。

“訓練” なんですな〜

 

それを問いかけて、

最近は3勝1敗くらいの勝敗で

暴飲暴食しなくなりました。

 

目指すは

ロダンサーみたいな美しい身体と、

体が資本であるプロダンサーになるためには必須な自己管理能力を身につけるためです。

 

ものかきミュージカルダンサーになりたいから。

 

だから、頑張れる。

 

だらけるのなんていつでもできる。

 

誰もだらけるな!なんて言いませんもん。

頑張れ!とも言わない。

 

全部自分次第。

 

ならば、やるしか!

 

結局、人って楽しいことしか続かないって言うのは、

本当に好きでやりたいことのためなら、それがどんなに大変でも、ちょっと我慢しなきゃいけないことでも、

それを超える喜びがあると思えるものなんですね!!

 

ということから、

貯金も暴飲暴食も同じやな〜と思いました!!

 

誘惑に勝ちたけりゃ、

想像豊かに!!!!

そんで少しだけ勇気を出して吹っ切れ!!!

 

 

これからも訓練続けようと思います😊👍🎂

甘党なのは一生変わらないと思うけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 きばらず(笑)

f:id:nonchoco2525:20170224183111j:image

65.何か一つ1日やめてみる

はい、こんな課題があります(笑)

 確か、自分がすごいと思っている人も、自分も同じように24時間しかなくて、ごはんだって睡眠だってとらないといけない。

 

なのに、こんなに自分の差があるのはなんでだろう??

 

ってことで、

ガネーシャは、限られた時間をどうやりくりしていくかということを大切に考えられるよう、この課題を出したのだと思います。

 

ついやっちゃいますよね。だってなんか幸せだし。だらけたいし。

 

テレビ観て〜、おかし食べて〜、ぼーっとする(笑)

 

疲れて帰ってきた後なら余計にこんな感じになっちゃう。

 

まあいっか〜って。

たまにはこんな日もいいよね〜って。

 

それが毎日になってしまってないかな〜?

 

そう考えた時、わっ、これ、習慣づいてきてないか?!と、危機感を覚えたワケです。

 

それで、この課題を思い出し、

やってみました。

 

お菓子やめるのはちょっと厳しかったので(笑)、

テレビを昨日、1日観ませんでした。

 

朝、夜、帰ってきたら、つけてしまうことが多かったテレビ。

 

ついつい観てしまって、

出勤がバタバタになったり、夜眠るのが遅くなったり、、、の原因になってたように思います。

 

それが!

昨日、少し我慢しただけで、

朝、いつもより余裕持って出勤できた!!自然にですよ!😳

 

あと、夜、やらなければならないと思ってできていなかったタスクが思い掛けず片付いた!!

 

あ、テレビ観ないようにしたんだった、あ、この時間にアレ終わらせちゃお。

 

そういう思考になりました。

 

このテレビの時間が、別のことに使える時間だと身をもってわかったんです。

 

 

1日、テレビ観ないだけでも、

これだけ変わるんですよね!!

 

昨日みたいな時間の使い方をどんどん増やしていけたらと思う今日この頃です。

 

 

きばらず。

 

 

 

 

焦らないことに決めました、でものんびりすることとは違います

f:id:nonchoco2525:20170219234923j:image

人は老います。

 

嫌でも時間はどんどん進んで、

ぼーっとしてても、必死になっていても

残酷なほど進んでいきます。

 

あー、高校時代に戻りたい。

このまま時が止まればいいのに。

 

誰もがこう思ったことがあると思います。

 

私はものかきミュージカルダンサーを目指しています。

地球ゴージャスの、舞台に立つのが今の1番の目標です。

 

ダンサーは、体が仕事のための道具です。

 

カメラマンがカメラがなかったり、壊れたりしたら撮れないように、

 

舞台に立つ人は、自分の体がなければ舞台に立つことができません。

 

だから、「老いる」ということは、

ダンサーにとって欠点と言えるものだと思っていました。

 

だから、無意識のうちに焦っている自分がいました。

 

周囲からも焦りを感じることがあります。

もう若くない、若い人が求められる。

 

もっと若い時からやっておけばよかった、

そう思ってももう時間は戻ってくれません。

 

自分より若い人の活躍を見る度、焦りが私を襲います。

 

だから、今日、

自分よりも年齢を重ねた人の言葉に救われたのだと思います。気づかされたのだと思います。

 

ミュージカルは若い人ばかりでは成り立たないでしょ??50代の人が10代の役割を担うこともあるんだよ?

今から頑張るのなら、30代でバーンと華開くために今やるしかないでしょ。

 

目標はみなくていい。

今、着実に努力を積み重ねる。

それしかない。

未来は見えないから不安になってしまう。

それなら、今を、必死こいてやるんだよ。

だからこそ、焦ったらダメ。

地道に今を積み重ねるしかないんだ。

 

某有名な劇団で活躍し、卒業された方のこんな言葉をいただいて、私は涙が溢れそうで溢れそうで、こらえるのに必死でした。

 

年齢や環境、自分の未熟さに焦っている暇があるのなら、今をしっかりと未来に繋がるために積み重ねる。

 

焦っている暇があるのなら、着実に一歩一歩進め。

 

ああ、

焦らない=のんびりするではないのだと、

この時気づいたのです。

 

年齢とか、周囲と自分の技術の差をもう気にしない。

他人のの時間軸ではなく、自分の時間軸を生きる。

昨日の自分よりも今日の自分は絶対に成長する。

 

それが焦らないということ。

そして、続けるということ。

それはもう、大きな海でボートを無心で漕ぐようなもの。

 

本当に、夢を実現するために最も大切なこと教えていただいた、感謝感激の1日でした。

 

本当に、ありがとうございます。

【大袈裟に言ってるのではないんです(>_<)!】「力を抜く」が世界を変える

f:id:nonchoco2525:20170217125121j:image

私、力を抜くと世界が変わると思うんです!!

 

いやいや、決して大袈裟で言っているんではないんですよ!(笑)

ほんとに、そうなんです!

 

エピソード①

ダンスを踊る時になぜできないのかと思っていた動きが、力を抜いただけでできるようになった

 

私、知らず知らずのうちに太ももに力が入っていたんです!!!

無意識にずーっと太ももに力が入っていて、だから動くものも動かなかったんですね。

無意識だから、何度練習してもうまくいかず、いろいろ試してはみるんだけど、まず力が入っているから、その方法さえうまくいかない。

力を抜くって、簡単なようで難しいことだと感じました。

 

緊張すれば肩に力が入るし、頑張って足をあげようとすると足に力が入る。

そんなふうに、気を張れば張るほど力が入ってしまう。

 

私はアルバイトでパソコンの業務が多いのですが、ずっとパソコンに向かっていると、気がつかないうちに、猫背になって肩が固まってしまいます。

これ、結構当てはまる方いらっしゃるんじゃないでしょうか??

それが習慣になると、力を抜くことすら忘れてしまう。力を抜かないことが普通になってしまうんです😨😨😨

 

これは恐ろしいことですよ。

ダンサーとしては、本当に。

 

だから、気づいたら意識して力を抜く!!

これを徹底づけるようにしました。

 

 

力が抜けているか、太ももをぶるんぶるんとふって確かめたり、ふーっと息を吐いたり、

 

「力を抜く」ことをめちゃめちゃ意識するようにしました。

 

まず力が抜けていないと、動くものも動かない。

 

それと同じように、

どんなことも動きはじめにまず力を抜いて深呼吸してそれからはじめると、しっかり動けるのだと思います。

 

力を抜いて、0の状態からはじめると、

まるで世界が変わったのかと思うくらい、

するっとうまく動き出せますよ!!!!

 

気持ちもリセットされるんですね〜。

 

ではでは、新たな挑戦の前に深呼吸していこうと思います。

 

 

 

 

食に関する講演を聴いて女子大生が考えた暴飲暴食やめるには

f:id:nonchoco2525:20170215073345j:image 

おはようございます!!

昨日はハッピーバレンタインでした!!

私は断然作るより食べる方が好きです(笑)

チョコレート大好き人間なので!!(笑)

 

 

先日、ある講演を聴きました。

その講演会は「食」に関するもので、

食べることの大切さ、食べることの尊さに気づかせてくれるものでした。

本当に涙がとまらない素晴らしい講演でした。

 

私は自分自身に置き換えて考えました。

ついつい暴飲暴食してしまう私。

 

何か嫌なこと、うまくいかないこと、不安があると「食べること」に走ってしまう。

でも、それは本当の意味で「食べること」ではないように感じていたんです。

だって、そういう時はたいてい食べた気がしないから。

とりあえず口が寂しくて、何かしていないと落ち着かなくて食べてしまう。

 

甘いものが大好きな私は、お菓子ボリボリ😣

ダメだとわかってはいるものの、

心とは反対にもう1人の自分が甘いものに手をドンドン伸ばしてしまう。

 

この習慣、なんとかせねば(>_<)

どうしたらいいだろう(>_<)

そう思っていた時に、講演会に行き、

あっ、こうしてみようと思いました。

 

それは、たった1つのこと。

よく噛んでご飯を食べるということ。

 

つまり、1日3食のご飯をしっかり味わってみようと思ったんです!

そうすれば、余計なものに手を出さずに済むかな??と。

 

思えばいつも、食事をとるとき、テレビを見ていたり、ケータイしていたり、他のことを、考えてたり、おしゃべりに夢中になったり、バタバタ早食いしちゃったり、

 

全然目の前の食べもののことを考えていなくて、

ご飯をしっかりたくさん食べたはずなのに、食べた気がしていなかったんです。

だから、食後の甘いものに手が伸びる。

 

それが暴飲暴食の原因ではないかな??

と思い、よく噛んで、ご飯のことを考えながら食べて見ました。

これは納豆。

これはなすびと揚げの味噌汁。

26穀米のご飯。

 

しっかり意識しながら食べることで、

いつもよりご飯が美味しく感じ、満足感がありました。

その日は、暴飲暴食することなく1日を終えました。

 

「よく噛んで食べる」

たったこれだけです。

でも、

「食」を大切にすることってこういうことなのかもしれない。

好きなものを食べていいと思うんです。食べたいもの食べていい。

でも、しっかりよく噛んで味わうことが大切なこと。

食べたのに食べた気がしないのが一番もったいない!!

暴飲暴食はそれの塊。

 

チョコレートもなんでも、しっかり味わえば、暴飲暴食に走ることはありませんね!!

食べることって幸せなことだなぁ

 

 

ではまた!!😊🍀

 

 

もし明日がなければ、私はこの真夜中何をするだろうか

 f:id:nonchoco2525:20170207234726j:image

もうおやすみの時間ですね。

 

今週末に大切な日を迎えるのですが、

その日の訪れまで、ワクワクするような、怖いようないろいろな想いがあります。

 

その日を迎えるまで、私はこのままの過ごし方でいいのか? 焦りが出てきて、夜になると不安な気持ちになってしまいます。

 

でも、今日ふと思いました。

 

今、未来の予定が在ると思って過ごしているから、それに向かって過ごしているけど、

もし、明日がないとすれば、つまり、未来の予定がないとすれば、今この真夜中に何をするだろうか??

 

そんな風に考えてみました。

 

そしたら、おそらく

 

大切な人に会う。

会いたい人に会う、言いたいことを伝える。

 

ただそれだけかな〜と思うんです。

もう、後はいつも通り。

 

踊ったり、笑って過ごしたい。

 

ただそれだけなんじゃないかな〜、と。

明日がないとすれば、もう、欲しい物なんて、逆にどうでもよくなりそう。

 

どんなに大切な日や、ワクワクする未来の予定があろうと、

今を大切にできてなきゃ、意味がないよな〜、未来に繋がっていかないよな〜、

 

だから「今」を大切にしなきゃならんのだ。

言いたいことは今伝えて、

やりたいことはなんでも今やって、

 

思いついた時にやっておかないと、、、!

 

今を大切にするって、

私にとってはそう言うことなのかも、と思いました。

 

よしっ、心が落ち着いてきた。

焦らず。力を抜いて。まずはそこから。

 

そうすればきっと私は力を発揮できる。

 

 

あ〜〜それでも私は誰かと未来の約束しちゃうかもな〜、

未来って本当に希望なんだなぁ(笑)

 

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 優先順位が人生を本当に変えている!!

f:id:nonchoco2525:20170202131826j:image 

64.優先順位を決める

 

お早うございます!!

最近、ブログ更新絶好調の、のんさ〜ん!です(笑)

 

最近ネタがたくさん浮かびました。

人って何か衝撃を受けると、(悲しいことであれ、楽しいことであれ)

その後のいろいろなことに関する感受性が高まるのだと思います。

 

私も最近悲しい衝撃があったので、その影響かと勝手に思ってます。

 

ほらほら、失恋した後って、

何をみても聞いても、楽しかった思い出を思い出したりして辛くなったり、するじゃん??

今までだったら何らかにしていなかっただろうコトやモノに過剰に反応しちゃったり。

それでいろいろ考えるようになるのだと思います。

 

失恋に限らず、映画とかライブとか、何でもですよ!

 

さてさて、本題です!!

 

優先順位を決める。

 

たったこれだけで私の人生の枝分かれが決まりました。

 

物書きミュージカルダンサーになるというゴールがあって、

それに向かう途中に、

 

A:レッスンに行く B:飲み会に行く

 

があるとします。

もちろんその場合、ゴールを目指すための優先順位的には、レッスンに行くことを選ぶべきです。

でも、

最近ずっと飲み会に参加することがなかったし、ストレス溜まってるしたまには息抜きも必要だよな〜という考えが頭の中に浮かんできました。

 

 

 

 

結果、

私は飲み会を断り、レッスンに参加し、

友人達の飲み会の楽しそうな写真を見て、あーー行きたかったーーー😭と、悲しみます。

 

最後の飲み会やったのに、、、

サプライズとかも用意してくれてたみたいなのに、、、

 

 

だけど私はレッスンを選びました。

 

もし飲み会に参加していたら、

たくさん笑って、日頃の疲れを吹き飛ばし、明日も頑張ろうと思えたことでしょう。

 

でも、もし参加していたら、

何度も言うのでしつこくて申し訳ないですが、

ものすんごい強烈なバレエの先生に出会い、

前回記事はこちら↓

http://nonchoco2525.hatenablog.com/entry/2017/01/31/185349

 

 

バレエに対する目標があやふやだった私が、

パワーあふれるバレエを目指しそう。

もっともっと技術を磨いていきたい。

自分が今、バレエの基礎でやるべきことのリストアップをして、一回一回の練習でその中の人を意識してのぞんでいる。

バレエは奥が深くて、ダンサーとしてとても大切で、それだから面白い!たのしい!!

 

と、思うこともなかったでしょう。

 

 

たった1つのこの選択で、

今の時点では変わったかもわからないくらいですが、人生の別れ道となりました。

 

 

人生が変わったと言っても過言ではありません。

この選択によって、ゴールへ向かう私の人生が変わったのです。

 

おそらく一年後とか、どのくらいか時が流れ、

私はこの時の選択がいかに自分にとって大きな影響だったのかをおもい知るのでしょう。

 

なぜなら、今だって、今までの選択の繰り返しによってあるものだったからです。

 

あの時の選択が確実に、絶対に繋がっている。

 

私とそのバレエの先生とのたった1時間半の時間に、

そう感じた瞬間でした。

 

そう考えれば、

一瞬の気の迷いにも、甘い道への誘惑にも、

少しは強くなれそうな気がします。

 

この小さな気の迷いが、

未来にとっては、大きな差を生む。

 

恐ろしいような、簡単なような、怖いような、、、(笑)

 

優先順位を決めて、それを守ることの意味が、ひしひしとわかった課題でした。

 

レッスンを選んで良かった。