読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 いよいよ実践開始!!

 

前代未聞!? 「夢をかなえるゾウ」を卒業論文のテーマにしたワケ

いよいよ、はじめました。

夢をかなえるゾウの課題の実践です!!

これから毎日更新頑張りますので、よろしくお願いします(笑)

 

というか、本当にありがたいことに、様々な人にこの卒論の調査を協力してもらっているので、

自分が一番頑張らないと! と思っています。

 

私は、これから先の自分の進む道に迷っているときに、この本に出会いました。

この本がベストセラーになったときには恥ずかしながら、全く知らなかったのですが。

偶然私の手元に渡ってきて、私に「夢をかなえたい! この本で!」 

っと思わせたんです、この本は(笑)

 

でも、なかなか実行できなかったんですよね。人間って不思議。

想いと行動がに距離がある。

だったらもう、強制的にする環境に自分を落とし込めばいいってなって、

卒業論文のテーマにしたんです。根っこのところはほんとにシンプル(笑)

私の夢は、この卒論を一冊の本にして、

人に夢をかなえるとはどういうことなのかを全身全霊で伝えること。

 

さて、最初の課題は

1.靴を磨く

です。

 

ビフォー

f:id:nonchoco2525:20160714113616p:plain

 

汚すぎる…

真っ白だった靴がもう、真っ黒

なので、「磨く」ではなく「洗い」ました。

 

アフター

f:id:nonchoco2525:20160714113844p:plain

きれいっ!!!

しつこい汚れが落ちなかったのは残念です(泣)

 

《課題を終えて》

ガネーシャが言うには

 

自分が会社行く時も、営業で外回りする時も、カラオケ行ってバカ騒ぎする時も、

靴はずっと気張って支えてくれとんのや。そういう自分支えてくれてるもん大事にできんやつが成功するか、アホ!

 

イチロー選手が自分の野球道具を熱心に磨いて大切にしていたように、

自分にとって大切なものを自覚し、大切にし続けることが成功への道だというメッセージなんだと思います。

 

靴磨きって、正直めんどくさい。子どもの頃からずっとそう思ってました。

でも、毎日履いてる。履かない日なんてないんですよね。

今日靴を洗いながら、

こんなに汚れるまでほっといたから、落ちない汚れがたくさんできてしまった。

こまめに洗っとけばよかったなあ。洗うのに10分もかからないのになあ。

って思うと同時に、

ピカピカになった靴を見て、

早く乾け~、履くのが楽しみだなあ。気持ちいいんだろうなあ。

ってやっぱり心が明るくなりました。

 

汚れたら、パパッと洗ってあげよ。