読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 私、頑張ってるなあ(笑)

今日も三つの課題を実践しました!

その中でも、今日ラストの課題がとっても素敵でした!!

 

さて、一つ目は、

6.トイレ掃除をする

 

トイレ掃除! ついに来ましたね!!(笑)

なんでトイレ掃除ってこんなにも推奨されるんでしょうか?

お金持ちになりたければ、トイレ掃除をしろ! 

とか、そういう本までも出版されているほどです。

やはり、「トイレの神様」がいるからでしょうか?

トイレ掃除をする目的がわかっていないのにするのは、ちょっと腰が重いです。

やるからには、なぜトイレ掃除をした方がいいのいかを知りたい! そう思いました。

 

でも、ふと思い出したことがあるんです。

高校時代、私の学校では、トイレ掃除をする結構おおがかりなイベントがありました。

そして、そのイベントには、

野球部とか柔道部など体育会系の部活動生は、

半ば強制的に参加しなければならなかったのです。

私も参加しなければならないことになりました。

誰もトイレ掃除何てしたくないんですよね。

部活仲間もみんなやる気なしのオーラ全開でした。

そりゃそうですよ。

だって、このトイレ掃除のイベント自由参加なのですが、

外部からトイレ掃除の指導者を連れてきて行っているため、

参加者が少ないと失礼にあたるという理由で参加することになり、

さらには、なぜか素手でトイレを磨いていかなければならないからです。

本当に嫌でした。いやいや参加したんです。

 

しかし、そんな私たちに奇跡が起きました。

汚い便器を磨くときに、

黒い金網のようなシートでごしごし磨いていくように言われたのですが、

これが、一度やりはじめたら、ハマるハマる!!(笑)

なんか、一回覚悟を決めて便器に手を入れると、

もうなんかどうでもいいやってなって、

汚い汚れや、トイレの水が手についても、気にならなくなるんです。

それより、磨けば磨くほどピカピカになっていくトイレ掃除が面白い面白い!!

この状態になったのは私だけじゃありませんでした。

トイレ掃除で、心が浄化されていくようにスッッッキリしたんでしょう。

みんなこのイベントが終わったあと、口々に言いました。

「また来年参加するっっ!」

トイレ掃除が終了する時間になったにもかかわらず、

まだあとちょっとさせてって言っていた子もいたほどですよ(笑)

 

あんなにトイレ掃除を嫌がっていた私たちが、

これほど変わってしまったんです。ただただすげ~ですよね。

 

ガネーシャのメッセージでは、

トイレ掃除をするということは、一番汚いところを掃除するということで、

みんなやりたがらないのです。

でも、みんながやりたがらないことをすることで、

人は一番喜んでくれるというのです。

一番人に頼みたいことだから、そこに価値が生まれるとのでした。

松下幸之助が毎日一番に会社へきて、トイレ掃除をしていたのは、

その意味が分かっていたからやっていたのであり、

仕事のできる人は全員その意味を知っているそうです。

だからトイレ掃除をする。

 

私、自分の部屋のトイレ掃除を今日しました。

ダンスのレッスンから帰宅後、トイレ掃除した後初めてトイレに入ったのですが、

当たり前なんですが、嬉しい気持ちになった。

今回は自分で自分に喜んでもらったことになるんですけど、

これ、他人に対しても言えることですよね。

人のやりたくないことを率先してやることで、

その人からの信頼感は抜群に上がると思いました。

 

ちょっとここいらで休憩(笑)

今日の腹八分目夜ご飯。

f:id:nonchoco2525:20160716225115p:plain

 そうめんのつゆの中には、

のり

白ごま

氷酢玉ねぎ

を入れてるんですが、とってもおいしいです!

氷酢玉ねぎは、血液をさらさら~にする効果があるので、

健康にもよく、超おススメします!

作り方も簡単で、

玉ねぎと酢(黒酢がグッド)とはちみつをいれて、ミキサーにかけるだけ!!

それを氷用の型に流しこんで凍らす。

これ一日三個食べるといいそうです!

ハンバーグにも、カレーにも、おみそ汁にも冷ややっこにも、

なーーーーんでも合うので、万能ですよ!!

ちなみに私はミキサーを持っていないのでみじん切りにしています(笑)

 

さて、次の課題。

 

7.まっすぐ帰宅する

どっかに行ってて、帰宅する時、

ついつい用もないのに

コンビニに行ったり、ともだちの家に行ったり、飲みに行ったり、

やっちゃいますよね。

 

でも、ガネーシャが言うには、

それは「反応」して生きているということになるそうです。

友達に誘われたから行く、親に言われたから勉強する、みんながするから受験する。

反応だけをして生きていて、どうやって自分の人生を手に入れるんでしょうか? 

自分の人生を手に入れる人は、

全部自分で考えて、計画を立て、自分から周囲に働きかけているんです。

だから、例えばバイト終わりの後の時間というものは、

これから自分が夢をかなえていくために使える大事な大事な自由時間なんです。

それを、「反応」で無駄にしてはいけないと言っていました。

 

私、今日は、わき目もふらずまっすぐ帰ってきました。

いつもは、コンビニによっておやつなどいらないものを買ってしまうということに

自分の大切な時間を費やしてしまっていたのですが。

おなかが減ったのを、家まで我慢しまっすぐに帰りました。

ちょこっと立ち寄りしなかった。

おかげで、今、自分にとって一番大事なブログを更新することができています。

着実に夢の実現に向かっていくために。

 

この考え方、堀江貴文さんの「ゼロ」という本にも書いてありました。

本当に大事な「習慣」だと思います。

私は、ともだちからの誘いを断るのがとっても苦手なので、

なぜかというと、せっかく誘っているのに申し訳ないからなんですが、

これこそ「反応」ですよね。

今の私には、必ず行かなければならないというわけではない

友達からの誘いを断る勇気が必要だと思っています。

 

 

あああ~。

長くなりすぎちゃったな。

なので、はじめに書いた今日ラストの素敵な課題は、

明日の朝更新します!!

ごめんなさい!

楽しみにしていただけると嬉しい!

 

それでは、また明日。