読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 本物のやさしさってこういうこと??

夢をかなえるゾウ

f:id:nonchoco2525:20160814181130j:plain

36.自分が困っているときに、困っている人を助ける

大学生って、お金ないですよね??????

お金に困ってるのが大学生ですよね?????

私はそう思っていたんですが、

そして、私自身ももっとお金があればなあ

と嘆きたくなるような部類に入る人間なのですが、

 

私の周りの大学生、みんなお金持ちじゃね?!

っていうくらい、夏休みをエンジョイしてるわけですよ(笑)!

 

どっから湧いてくるんだそのお金! 

ってくらい海外旅行したり、日本中飛び回ったりそてる人たちを見ると、

あれ?? 大学生ってお金持ってるんじゃ?!

持ってないの、私だけ??? みたいに思えてきて。

そんで、

私もいろいろなことにお金を使っていると(無駄なことには使っていないと自負しています!)、

両親に言われたわけです。

うちは、100円、200円でも節約するような家庭やけん。

お金持ちじゃないとやけんね、うちはお金ないよ。

あんたの学費も払わやんとやけん。

と言われ、やっぱそうか......

と思いました。

 

そこで、この課題に行きついたわけです。

 

なんとな~く、お金って際限なくあるわけないよな~

とお金に困っているときに、

募金をしてみました。

またもや4円(笑)

 

確か、盲導犬? への支援金のようなものだったと思います。

 

自分が困っているときに、

人を助けることなんてできっこない!!と思っていたのですが、

 

いくらお金ないとおもっていても、4円を募金して人助けをすることは

できるんだな、と後から思いました。

しかも、募金するくらいのお金は持っているんだなって(笑)

 

これは貧乏神の幸子さんからの課題で、

 

実は「他人に対する言葉や行動は、自分に対する言葉や行動」でもあるんですよ。

たとえば、貧乏のことを悪く言う人がいます。

するとその人は、自分が貧乏になると、

「ああ、自分はダメな人生を送っている」

と自分自身を責めなければならねくなります。

 

自分が困っているときに人を助けてあげられる人は、

「困っている」という感情から抜け出すことができます。

そしてその時、人は大きく変わります。

当たり前のように人を喜ばせることができるんです。

 

 

今回私が学んだことも、

お金がなくても人助けできるんだ! 人の役に立てるんだ!

ということなので、お金がないという自分の現状を

プラスに変えることができたことになるとおもいます!

 

本当の優しさってこういうことなのかもしれません。

だから、本物のやさしさだったら、

恩恵が必ずじぶんにかえってくる仕組みになってるんじゃないかな。

 

今度は、お金がなくてもエンジョイできるぞ!!

っていう方法を考えて、実行して、それをブログとかで発信して、

色んな人の影の心の部分をを助けたいな~

と思える課題でした!!

 

あ!!!!!!!!!!

自分が困っていることって、結構他の人も困っていることって多いですよね!!

 

うちのばあちゃんがビニールハウスの中で仕事をしていると、

具合が悪くなるくらい暑かったので、

背中を冷やすための道具を自分のために作って、

自分だけするわけにはいかんと思ったそうで、

他のハウスで仕事をしている人の分も作って渡したら、

ちょーーーーーーーーーーーーーー喜んでもらった!

っていう話を延々と聞いたので、そう思いました(笑)!!

 

うちのばあちゃん、はつらつとしてて、すきなんですよね~(笑)

 

それでは、今日という日を最後まで楽しめますように。