読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 お金の威力ってすごい(笑)

f:id:nonchoco2525:20170308145456j:image

67.決めたことを続けるための環境を作る

 

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。
意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

 

子供の頃の方がこれができていたような気がしてなりません。

そのため、無意識でやってたということになります(実際無意識的だったし)。

 

1番そう思うのは、

高校受験の時です。

 

どうしても第1志望高校に受かりたかった。

 

でも、勉強はしたくない。

 

いやいや、勉強しないと受かりませんよね。

 

それでかつての私は何度もこう口にしたのを覚えています。

 

私はやらされないとやらないから、塾に行く

 

やらされる環境に身を置かなければ、

嫌でもやるしかない環境づくりをしなければ、やらないということを自分でしっかりと理解していたんじゃないかと!!

幼い頃の私の方がしっかりしてるような気もします(笑)

 

今は、やりたくないからやらなーい、

やりたいけどめんどくさーいからやらなーい、

 

っていう気持ちになることも増えた気がします。

 

でも、これは、別に悪いことじゃないかもしれないなと思っていて、

 

昔の私は、このことに気づいていなかっただけなのじゃないかなと思うんです。

 

大きくなって、そういう怠惰な部分が自分にあることが目につくようになってきた。

許せないようになってきた。

 

気づきがあったということなのかな、と。

 

ただ、やらないと!と思うことを

確実になんの邪念もなくやってのけていたあの頃のような行動がとれていないことが勿体なさすぎるな〜と思いました。

 

勉強やらされないとできないから塾に毎日通ったし、

家で勉強できないから毎日図書館に行った。

 

その結果、チョー勉強していたと思います。自分でも思う、ほんと。

 

 

そのくらいのストイックさ?をつくるにはやっぱりこの課題しかない!!(笑)

少なくとも私には!(笑)

 

 ってことで、家にお菓子を置かない!

あと、これは偶然の産物??なのですが、

大きなお金を損失したので、嫌でも節約生活に身が入るようになり、いかにして浪費を防ぐか、どこにお金を使うのか、をめっちゃ考えるように。

 

お金がないって、すごい(笑)

お金の威力ってすごい(笑)

 

強制的にお菓子もご飯も電気とかも節約するから、電気もったいないから早く寝るとか、電車代もったいないから走る=運動になる、とか、飲み会控える、余計なもの買わないとか、

いつも負けていた誘惑に打ち勝てるようになって、すごく無駄が省けてる(笑)

 

まぁ。

買わないじゃなくて、買えない。

食べない、じゃなて食べ物ない。

っていうだけなんですけどね!!

 

この段階が習慣になれば、結果オーライ!!

 

ではまた!!