読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 夢を追いかける時、苦しいときは我慢するんじゃなくて・・・!

夢をかなえるゾウ

f:id:nonchoco2525:20160821104533j:plain

 

41.目の前の苦しみを乗り越えたら手に入れられるものを、できるだけ多く紙に書きだす

42.欲しいものが手に入っていく「ストーリー」を考えて、空想を膨らませていく

 

おはようございます!!

今日は二つの課題をセットで行いました!!

この課題はつながりがあるからです。

 

まず、今自分にとって苦しいことがあるとします。

ここで言う苦しこととはもちろん

夢をかなえるための過程での「苦しい壁」のことです。

 

それを思いつくだけ書き出してみるのです。

そしてその苦しみを乗り越えられたときに手に入れられるものを、

たくさん書き出します。

もう、無理やりでもなんでもいいから頭から絞り出すんです。

 

そして、そのコツが

「ストーリー」にして考えていく

ということ。

 

例えば、ガネーシャはこんなふうに言っています。

主人公は断食に挑戦し、苦戦していたのですが、

苦しみを乗り越えたときに手に入れられるもんをぎょうさん想像するには、「ストーリー」にすんねん。

 

今まで着られへんかった服が着られるようになったらどうなる?

服選んだり、化粧するんが楽しなるやろ。

そしたら今まで以上に人に会いたなる。

色んな人と出会うことになる。

そうやって出会う人の中には、自分の新しい可能性を引き出してくれる相手もおるかもしれん。

 

自分らは努力を始める時、「我慢」からはいるやろ。

痩せるためには食べたい気持ちを我慢せなあかんとか…

 

でもな、自分をコントロールするために必要なんは、

楽しいことを我慢するんやのうて、

「もっと楽しいことを想像すること」やねん

 

さすガネーシャですね…(笑)

反論できません。

実際に私もたくさん書き出してみました。

 

ストーリーにすることで、どんどん想像が膨らんでいくのがわかり、

「苦しいこと」から出発したのに、

最後には、なんだか楽しみになってきたんです。

 

こうやって、「我慢」ではなく、

「もっと楽しいこと」を想像することは

自分のモチベーションをあげたり、きついことを乗り越えるための

最強技術だと実感しました。

 

よしっ!

今抱えている、苦しみは私が夢をかなえるために必要な苦しみなんだ!!

 

頑張るぞ~!!

 

ちなみに、

先ほども出てきたような

「自分をコントロールする」ための私の一押し本を紹介した文章が

こちらに掲載されているので、

ぜひ、読んでみてください!!

 

【必読】めんどくさがりのみなさん《リーディング・ハイ》 - 天狼院書店