読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

みんなが本音を出しちゃえばいいのに

f:id:nonchoco2525:20160904162550j:image

こんにちは!!

 

昨日はあるイベントに参加してきました!!

 

よくわからず行ったのですが、

かさこさんという方が主催で

好きを仕事にするっていうコンセプトで

集まった人達の出展の場、集いの場という感じでした。

 

かさこさんには初めてお会いして、

優しそうな方で、独特な雰囲気をお持ちの方だな〜と思いました。

 

その方のお話を聞いて、

共感して感じたことを紹介したいと思います!!

 

ブログを書くにあたって、嫌われる勇気を持て!!!

 

みんなに好かれようと思って書く文章やブログは、自分にとって必ずしもプラスではないということです。

 

もし、自分の本音、等身大の自分に嘘をついて

ブログの文章を書けば、

 

まず、ブログを書くことが楽しくなくなるし、

強い共感は得られないそうです。

ただのつまらない文章。

 

自分の想いのたけを、周りのことなんて気にせずぶちかましちゃえば、

 

その分たくさんの批判がきます。

大多数の人に嫌われちゃうことも。

でもむしろ嫌われた方が、こっちとしてはありがたいのだそうです。

 

みんなに読んでもらおうなんて絶対に無理だから。
自分の考えに反感を持つ人は、
もう自分のブログを読みに来なくなる。
それだけのこと。
むしろ、その方がお互いに気持ちいい。

それが働きやすさにもつながる。

 

それに意外と

私もそう思ってたんだ、言えなかったことを言ってくれてありがとうって言ってくれる人の方が多いのだそうです。

 

かさこさんはそう感謝してもらえる方に読んでもらえればいい。

 

 

と言ってありました。

 

みんなが本音をぶつけて、

共感できる人と関わり合えば

すてきな化学反応が起こるだろうし。

 

本音を出さないから

なんだかとってもややこしいことになって、

愚痴が出ちゃう。

自分で自分をそういう環境に陥らせる必要はないよなって。

 

改めて自分の本音を

共感してもらえる、面白がってくれる人のために書けばいいんだって思えました。

 

だからこそ私のできることは、

曖昧な主張ではなく、明確な主張をする。

 

そうしなければ強い共感なんて得られません。

そのためにも自分の中の考えをしっかり落とし込んで書くことが努力すべきことだと思いました。

 

どうやったって分かり合えない人もいるわけだから、

ブログっていう

発信の第一歩が一方通行的な発信手段では、

 

分かり合えないならバイバーーーイ!!

 

そのくらいの心持ちでいいのかもしれません。

 

 

その代わり、共感してくださる方を大切にする。

そういう方と面白いことを起こしていく。

 

それがブログの素敵な役割だと思います。

 

みんなが本音を吐きだして、

その中で人との関わり方をうまくやっていけば、世の中うまく回りそう!!

 

まあ、人っていうのはいろんな感情があるからそううまくいかないことはわかってるんですけどね(笑)

 

でも、私はそんな風に人間関係を繋げていくことにも力を入れたいなと思ってます。

嫌われる勇気を持って。