私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

水野敬也著 夢をかなえるゾウ あと一踏ん張りの訓練課題

f:id:nonchoco2525:20170920230341j:image

77.自分が困っている時に、困っている人を助ける

 

自分が困っている時、しんどい時って、人のこと考えてる場合じゃありませんよね?

 

急いでいる時に、エレベーターでボタン係(1番最後に降りる)やるとか、

めちゃんこ疲れてるのに、電車やバスの席を譲る、とか。

 

わたしゃきついから、他の誰か譲ってやって!

って心の中で思っちゃう。

 

でも、そこで一踏ん張りして人を思いやることができる人って、

他の人より1UPしてません??(どっかで聞いたことあるようなCMネタですみません(笑))

 

『夢をかなえるゾウ』の中では、

ハローワークに行く自分に自己嫌悪になっている主人公が、

自分も元気ないけど、

周囲を明るくするために、ハローワークをネタにして漫才をした結果、

自分も周囲も元気になった、というお話。

 

以下引用⤵︎

 

「ハロ ーワ ークのネタをしたとき勤太郎さんの心から不安が消えていったのは 、 『他人の不安を消してあげよう 』としたからなんです 。

他人に対して 『お金がなくても大丈夫だよ 』と言ってあげることで 、同時に 、自分の中にある 『お金がないと困る 』という不安を消すことができるのです 。

(中略 )だから 、自分が困っているときに人を助けてあげられる人は 、 『困っている 』という感情から抜け出すことができます 。

そして 、そのとき人は ─ ─大きく変わります 。

当たり前のように 、人を喜ばせることができるようになる。

 

でも私は、

ちょっと違った視点でこの課題を実行しました。

 

自分が、あぁ、もう無理かも...という状況になった時、

それが自分の限界と思うなら、

その限界をちょっとだけ越えるまでやるんです。

 

例えば、もう疲れた、自主練終わろって思ったら、

その後あと2回やって終わる、とか。

 

やってみると、案外、人ってできるんだと思いました。

 

しかも、やりきった感がある。

やってなかったらわからなかったかもしれない気づきがある。

 

私の尊敬する女性の方も、これに似たブログを書いていらっしゃったんですけど、

 

ホントにそのあと一踏ん張りがあるかないかで、人生だいぶ違ってくると思います。

 

どんなことも、あと一踏ん張りやってみる。

ちっちゃなことでも、その積み重ねが将来人生を大きく変えるんだよってことを、この課題から教えられました。

 

 もう寝てしまいたいけど、ブログを書き終えて寝る、とか。

 

甘いもの食べたいけど、節約と健康のために今日は我慢しとく、とか。

 

もうやめたいけど、ここまでやるって決めて励むと、一歩一歩確実に前進していけるんだと思いました。

 

最近の私、

自分で自分にやるやん👍って褒めてあげたいくらいです。

 

自分に負けそうになるけど、夢実現したいなら、そこで負けちゃダメ!!

 

イメージ的には登山でもうこれ以上無理って時に、

ここで断念するか、頂上まで頑張るかの選択みたいな感じ。

 

そのための訓練がこの課題なんです。

これを続けていくと、自分が少しずつ強くなれる気がします。自信もつくじゃないかな。

 

あ!思ったのは、

自分の限界との狭間で負けちゃったら 、どんどん負けちゃうんですよね。

やる気もなくなるし、まあいっかってなる。マイナスの循環が流れていっちゃう。

 

でも、その時勝ったら、どんどんプラスの方向に動いていけるんです。

わあ、せっかくここまでやったんだから、やれたんだからも少し、もちょっと、もう一踏ん張りいけるんじゃね?!って。

ここまでやったなら、もう、いけるとこまでいくぞー!!って。

 

その頻度を増やしていきたい。

いやー、素晴らしい課題だ!!

 

 

 

いきなりだけど、「ありがとう」が言いたくなった。

f:id:nonchoco2525:20170917170408j:plain

 

こんにちは! 台風の影響で天気が荒れている地域も多いと思いますが、

皆様、いかがお過ごしでしょうか??

 

えー。少し照れくさいですが、このブログをはじめて、約一年ちょっと経ちました。

速いですね~。

 

投稿数:146

アクセス合計:9206

総スター数(はてなブログでのいいね!みたいなやつ):1126

ブログ日数:135日

 

そして、

登録読者数:87人

 

え!!! あと少しで100人じゃん! 100人も夢じゃない!!

気が付けば、こんなにたくさんの方々に読んでいただいていた、ということに

とても嬉しく思いました。本当にありがとうございます。

 

こんな私の、もがいてるようなブログを読んでいただいて、なんだか、すごいなー書き手がいて読者がいるっていう関係。

なんて変なことを思いました(笑)

 

書きたくて、踊りたくて、表現したくて、このブログを書き始めたけど、

いつしかたくさんの応援してくれる人、応援したいと思える人、切磋琢磨しようと思える人と出会うことができて、

 

本当に感謝しかありません。

ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いいたします。

 

いきなりだけど、

そう思った時に言わなきゃ、忘れちゃうし、その時の生モノの気持ちをお届けしたかったので。

 

まだまだちっぽけな表現者

これからもっともっと大きくなっていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

水野敬也著 夢をかなえるゾウ〜イライラちょっとだけおさらばできる方法〜

f:id:nonchoco2525:20170910003312j:image

76.運がいいと口に出して言う

 

今日は早く帰りたいっ!!!

 

そういう時に限って、電車が遅れたり、お客さんが全然帰ってくれなかったり、と色々ありますよね。

 

そのイライラは自分の都合だから、何も文句を言えない。相手は知ったこっちゃないことです。

 

でも、やっぱり、何でこんな時に限って!!って嘆きたくなる。

 

そういうことって、日々過ごしていれば、ありますよね。

私ももろ、最近そういうことが続いてて、鬱々してしまいました。

 

でも、ガネーシャの課題にもあることをやってみたら、気持ちが少しだけポッと明るくなりました。

 その課題の内容はこうガネーシャが説明してます🔻

自分にとってうれしゅうないことが起きても、まず嘘でもええから『運が良い』て思うんや。口に出して言うくらいの勢いがあってもええで。

そしたら脳みそが勝手に運がええこと探しはじめる。自分に起きた出来事から何かを学ぼうと考え出すんや。そうやって自然の法則を学んでいくんや。 

 

 

 

 

嫌な事実は変わらない。嘆いても事実は何も変わらない。

 

でも視点をちょっとだけ変えてみたことで、事実は相変わらず変わらないけど、気持ちが全然変わったのです。ぐちぐち人を恨むより、自分も相手も許せる考え方を持てた方が、気持ちいい!!

 

そんなお話です。

 

 

以前、電車が大幅に遅れてしまって、本当だったらいつもより早く帰宅できた、ラッキーデーになるはずが、電車の遅延によっていつもより帰りが遅くなってしまい、親にも迷惑をかけてしまいました。

 

それで、私はもうすんごくショックで、ツイッターにもつぶやきまくったし、お母さんにも「せっかく早く帰れたとに…本当最悪やん...」って吐き出さずにはいられなくて、気の済むまで愚痴ったんです。

 

そしたら、なんかそうグチグチ言う私に母がイライラしてしまい(移ったんですね(笑))

母も溜まっていた日頃の愚痴を言い出し、

なんか最後は、ケンカのようになってしまいました。

どっちが日頃キツイか、苦労してるか合戦です(笑)

 

これ、とてもいい失敗例ですね(笑)

 

 

でも、こないだは、

お客さんがいつまでたっても帰ってくれなくて帰りがまたまた遅くなってしまったけど、

 

お客さんがいつもよりおめかししてお店を出ていったので、デートかな? それなら仕方ない。楽しんでほしいなって少しほっこりしたし、電車に乗った時に、私がこうやって帰ることができるのも、電車が動いてくれているから。駅の人たちはこんなに遅くまで働いてくれてるんだ。私は何言ってんだか(笑)

 

そう思うことができて、イライラしてた気持ちが少しだけ解消されました。

 

後は、あまりにも帰りが遅いお客さんには、勇気を出して、閉店の時間ですと言うことを丁寧に伝えるっていう具体的な行動をとってみたりしました。

 

愚痴るだけでは何も変わらないし、余計に負のスパイラルに入っちゃうけど、

視点を変えてみただけでそこから脱却できる。

 

嫌なこと、思い通りにならないことは、生きていたらいっぱいあるだろうから、こんな風に自分で自分をなだめていい方向に持っていけたら、もっと楽しい、いい人生が送れるんじゃないかな〜と思いました。

 

塵も積もれば山となる、ですよ!(笑)

生きかた上手になりたいものだ!🍀

 

 

 

坂東玉三郎さん×鼓童の「幽玄」観てきました!!

f:id:nonchoco2525:20170906234549j:image

 

先日、こちらを拝見してきました!!

歌舞伎というものを生で観たことがなく、知識も乏しかったのですが、はじめっから息ができなくなるくらい繊細な舞台で、感激しました!!

 

私、普通の歌舞伎を観たことがなくて、未だにどんなものかよくわからないのですが、ワンピース版の歌舞伎を観たときも迫力に圧倒されて、歌舞伎ってとてもエンターテイメントなんだなーと思いました。

 

今回は和太鼓集団の鼓童玉三郎さんがコラボということで、またまた通常の歌舞伎ではなかったのですが、

 

全くズレのない和太鼓の小さく細かなリズムと全く無駄のない滑らかで芯のある歌舞伎ならでわの動きがもう、繊細すぎて、息が止まって苦しくなるくらいでした(笑)

 

 

でも、そこまで突き詰めるスゴさ!!

 

ダンスでも何でも、表現は

そこまで突き詰めて、

解像度をを高くしていくことによって

「魅せるもの」になっていくのだと思いました!!

 

 

こんな機会をいただいたことに感謝!

ご馳走していただいたり、歌舞伎の物語をお話ししてくださったダンススタジオの先生にも感謝!

美味しかった〜(笑)

 

 

f:id:nonchoco2525:20170907171642j:image

 

【ただの日記】目指すものに努力なんてないのかもしれない

f:id:nonchoco2525:20170906124325j:image
先月、NYの寛子先生のWSした。


振りもはやく入らないし位置とかに惑わされ集中力もなく、踊りはめちゃめちゃ素敵なのに思うように踊れなかった。


その後、膝の伸ばし方とかを聞いて、1人練習。


まだまだ半分しかちゃんと踊れてない。
もっと上手くなりたいと思った。


でも、やればできると思っている。この根拠のない自信はどこから来るのか自分でも驚くことがある。少し怖い。でも、まあいいや。


足くびと膝は努力でどうにでもなると寛子先生は言った。
筋肉硬いから伸びにくいけど、毎日ストレッチして、体幹して必ず上手くなる!!

 

 

踊るの、楽しい。
踊れるようになりたい。
そのためにしなきゃいけないことを、あんまり努力だと思わなくなって来た。

 

 

上手くなりたいから、やる、やりたい、やらんとやばい!
そう思うのって自然なことなんじゃないかな。

 

だって大学受験になれば、嫌でもたくさん勉強した。どうせやるなら受かりたかったし。高み目指したい!そう思った。

 

やりたいとか、やりたくないとか、好きだとかそうではないとか関係なく、

 

目指すものがあれば、自然と、それに引き上げられるように向かっていけるのかもしれない。

 


そう思ったら、ワザワザ努力してますって言わんでいいし、言わん方がいいのかもって思って来た。

むしろそれは、当たり前にやるべきことであって、努力とすら思わないのかもしれない。

 


どんだけ頑張ったかよりも、
どんだけ観てくれる人の心を動かして、伝わったかの方が断然大切だから。

 

ということを考えさせられ、思った今日この頃。

【抜歯しました】怖いことも一歩踏み出せば、意外と簡単かもよ?!理論

f:id:nonchoco2525:20170830225138j:image 

抜歯しました〜!

今から何年前でしょうか、小学生の頃からずーっとこれを恐れて歯科矯正から逃げてきました。

 

そして、逃げられないところまで来て、

自分の中では、遅くから歯科矯正を始めたと思っています。

 

元気で丈夫な歯を抜くんですよ😣

怖いし、痛そうだし、嫌ですよね!

 

でも、表舞台に立つのに、「歯並び」は顔の第一印象として、かなりでかい。

 

なんもしないのなら

このままでよかったのですが、

 

私は地球ゴージャスに出演したいし、世界で活躍したい。

 

それで、決死の覚悟を決めたワケです。

みんなやってるんだし。たおちゃんも痛いベロの手術を女優目指すためにやってたし、と、自分の尻を叩きながら。

 

 

それで、意を決して抜歯に行きました。

 

 

もうね、笑っちゃいましたよ。

 

全然痛くなーい!!!

へっちゃらだった(笑)

 

抜ける直前まで、めちゃめちゃ怖かった。

でも、全く気づかないうちに抜けてました(笑)

 

 

「はい、抜けましたよ〜」

 

「えっ?! もう抜けたんですか?! いつ抜けたのか全然わからんかったですよ!!」

 

 

こんな感じで、和やかに終了したワケです。

 

結論、私が異常に恐れてただけでした。

むしろ過剰に恐れたために、思ったより全然大丈夫だったのです。

 

 

ああ、こんなことならもっとはやくにやっとけばよかったな〜、子供の頃やっとけば、お金も安いし、歯の動きも速いし。

 

そう言いたくもなりますよね。

 

 

 

でもこの経験で、

怖いこと、不安なことも一歩踏み出せば案外大丈夫なんだな、と思いました。

 

めっちゃ怖かったり、不安だったりすれば、それ以上にはならないだろうから(笑)

 

 

てことで、第2回抜歯も頑張って来まーす!

 

怖いものは怖いけど(笑)

あ、親知らずは腫れるし超絶痛いって聞くし、そうなってる人実際に見たことあるから、普通に怖いよ〜😰😰😰😰😱

 

まだまだ先は長そうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

たった1人の本音で話せる人に出会った話

 f:id:nonchoco2525:20170828214054j:image

 

オーディションが終わった後、
ある女性と2人でお茶をしました🍵
正直彼女のことが嫌いではないけれど、考え方についていけないこともあり、断れずお茶することになったという感じでした。

でも結果、本当にお茶して良かったと思いました。
彼女の存在がありがたかった。
嬉しかった。
彼女がどれだけ素敵な人なのか知ることができたからです。
それだけでもう、その日は本当に幸せな日になったと思いました。
まぁその後また少し落ち込むことが重なったのですが😂
人生山あり谷あり、もう周波数並みだと思いましたよ(笑)

まあ、そのおかげで強くなれるし成長できたのですが(笑)

 

話がズレましたが、
なぜ彼女のことをこんなに絶賛することになったのかと言いますと、
まず1つ目は、
エスカレーターで盗撮されている現場に気づくと、
「ちょっとあんた、盗撮すんなよー!!!」と人目も憚らず叫ぶという、本当にかっこいい姿をみたからです。めちゃめちゃ尊敬しました。ほんと、彼女がヒーローに見えました。私も悪いことは悪いと、見て見ぬ振りせず、言えるようになろうと思いました。だって、盗撮されていた女の方を助けることができるのですから。

ヒーローのような彼女は、盗撮していた男にとても腹を立てていました。ああ、彼女は自分の心にフタをしないまっすぐな心でいつもいてくれてるんだなと感じました。

 

なんか、すると不思議なことに、
彼女と一対一で話すうちにだんだんと、私が心の奥底に言ってはいけないこと、思ってはいけないことと思って封じ込めていた本音がスルスルと出てきたのです。
彼女には自分の心に一切フタをせず向き合うことができました。
自分の甘い部分、罪悪感を感じる部分、弱い部分、ひねくれた部分。

人にそういう部分を見せたくない強がりな私が、見せないように我慢していた私が、彼女には全てを打ち明けたくなったのです。

 

私は寂しかった。
味方なんて誰もいなくって、
心から応援してくれる人もいなくって、
関心なんて持たれない

所詮自分には限界があって、
憧れのあの人みたいにはなれないんだ。

何でこう思うのか、だけどこの気持ちに、こうやって打ち勝ってきたんだ。

多分彼女なら全てを受け入れてくれると感じたのだと思います。

 

全て賛成してくれるという意味ではなく、考え方は違うけど、私の考えを許してくれる。

今、朝から晩まで活動をしていて、自分の本音を打ち明けられる時間も人もいなかったので、本音で話せる彼女がいてくれて、本当に救われました。


やっぱり、私のヒーローだ!

1人でも心から本音を言える人が見つかったから、私はその日、幸せな気持ちになりました。

本音を打ち明けてもいいんだって許されることが、こんなにも癒されるなんて知りませんでした。それだけで、自信が戻ってくる。

 

彼女は言ってくれました。
「自分の弱い部分を見せてくれる人って、なんか愛しくなってこない??
「言える」は「癒える」だと私は思ってるから、そういう子が本音を話すことで元気になってくれたら、私も役に立てたと思えるから、嬉しい」

 

時と場合にもよるかもしれないけれど、確かにそうだと思いました。
彼女がそう考えるのは、彼女が尊敬している人が、心の奥底をみ 見抜き、全てを受け入れてくれる菩薩のような人だからだそうです。

彼女が叫んで盗撮していた男を止めたように、

その尊敬する人だったら、
ササっとその男のもとへ行き、手を握ってやめるようにそっと悟すだろうと思う、そんな人だと言っていました。

 

だから彼女は自分の陰な部分も陽な部分も、堂々と好きだと言っていました。

私は、というか、多くの人が自分の陰な部分を、感じてダメだとか嫌いだとか思う部分を、許している。

彼女のような考え方もアリだと思えた瞬間でした。
そして同時に、だからと言って必ずそうした方がいいとも思いませんでした。
人の影響を受けやすい私ですが、彼女と話すと、彼女がどんなに素晴らしく共感できる話をしてくれても、強制された気に全然ならないのです。

むしろ、強がりで弱い部分を隠す私のままでいいんだよ。でも、感情を解放してさらけ出してもいいんだよ。
そんな気分に、何か言われることなく、不思議と自然にそう思えたんです。

本当に彼女と出会えてよかった、一対一でお話できてよかった。感謝の気持ちでいっぱいでした。
彼女も嬉しそうでした。

お互いに「ありがとう」と笑顔で言って、お別れしました。


本音を言える人と言えない人がいると思うけど、
本音を言える人が見つかったら、その人がとても大切な人になりました。って当たり前か(笑)

 

心を開いて話せる人がいるって、

本当に幸せなこと。

でも、彼女のように自分から心を開いて話すことができれば、

どんどんそれが広がって、みんなに心開いて話せるようになるんじゃないかな〜。

 

そんな人になりたいと思いました。

純粋な本当の気持ちを言葉にしてくれる人って、相手の心自然と開いてあげられる。

だから、愛されるんだと思う。