読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 ありのままの自分を認めたら、あとはやるだけ!!!!!

f:id:nonchoco2525:20170425143811j:image

70.その日頑張れた自分をホメる

これからはな、毎日寝る前に、自分がその日頑張れたこと思い出して『ようやったわ』ってホメや。そうやってな、頑張ったり成長することが『楽しい』ことなんや、て自分に教えたるんや。 by ガネーシャ

 

好きなことで食べて行く覚悟をした時、一番初めにつまづくのが、できない自分を責めてしまって、諦めてしまうということ。

才能ないんだと、自分に自信がないということ。

 

そうやってやる気も失せて、挫けてしまう原因の1つに他人と比べてしまうというのがあるのですが、

それ以前にどうしてできない自分を認めてあげられないのか?というのがあると思います。

 

先日のレッスンで言われました。

 

できなくて当たり前。

だってまだはじめたばかりなんだから。

それでできないから自分には才能ないんだと決めつけるのは違う。

 

1日1日、一回一回の練習の積み重ねで、できないこともできるようになる。

みんな最初から自転車に乗れた??

今は当たり前のように乗れるけど、最初は全然できなかったはず。

ダンスも同じ。

最初はできないで当たり前。

いろんなことを意識して、練習すれば、必ずできるようになる。

上手い人と比べてあー私は下手くそだと嘆く必要もない。

今の自分ができることはよっしゃー!と喜んで、できないことを1つ1つ潰していく。それだけ。昨日の自分と比べなきゃ。昨日の自分より成長しなきゃ。

 

要は、悩む暇があったら、やること。

やるしかない。

目標は目標であって、その辺に置いといて、今をみること。

今目の前の課題を乗り越えること。

上ばかりみず、前をみて励むこと。

 

 

私の心にこの言葉が突き刺さりました。

そうなんだよ、いろいろうじうじしてしまうけど、結局、考えすぎず、やってみるのです。

 

それしかない。

 やるだけ。

それだけ。

 

そのために、

プロのダンサー、ライターになる私の場合は、

 

うまくできない自分を好きになれなくても、

認めてあげることをしようと思います。

 

みんなが社会人になる中、よくやってるよ!

ダンスだって以前よりはマシになってきたよね

たくさんの人との繋がりを自ら動いてつくれてるじゃん

まだまだプロには程遠いかもしれないけど、やるだけやるだけ!

 

それがつまり、今回の課題、頑張らた自分をホメルということです。

甘やかすくらいほめて、認めることで、気持ちが楽になります。

そしたら、また今日も1日頑張ろうとなります。

 

頑張ろうTシャツ着てレッスン励もうっと(笑)

 

 

久々の!!!!!!水野敬也著 夢をかなえるゾウ

f:id:nonchoco2525:20170418135733j:image

おひさしぶりでございます!!

のんさ〜ん!元気でございます(笑)!

こちらのブログを訪ねてくださっている方、本当にありがとうございます。

解析で、どのくらいの方が見ていただいているのかわかるので、書いていないのに来てくださる方々、すみません、感謝しております!!

今日から、ちょくちょくちょくちょく更新しますので、よろしくお願いします!!⭐️🌼

 

69.お参りに行く

これは、本当に成功したい人はどんなことでもやるということを体現した教えです。

成功したいて心から思とるやつはな、何でもやってみんねん。
少しでも可能性があることやったら何でも実行してみんねん。
つまりやな、『バカバカしい』とか『意味がない』とか言うてやらずじまいなやつらは、結局そこまでして成功したくないっちゅうことやねん。
『やらない』という行動を通して、成功したくない自分を表現してんねん。
すると宇宙はなあ、『ああ、こいつ成功したないんやな』そう考えるんや。
そういうやつから真っ先に成功から見捨てられてくねん

引用サイト:http://www.keikawakita.com/entry/2016/01/yumewokanaeruzou-1-2-3/

→「夢をかなえるゾウ」実践者には、めっちゃお役立ちなのでオススメです!(実践されている方がどれほどいらっしゃるのかわかりませんが、、(笑))

 

 

あれこれ考えてしまいます。

こうした方がいいかな?

いや、ああしたほうがいいんじゃないか?

 

考えをめぐらしてベストを選択することは大切なことだと思うのですが、私はつい、考えすぎて考える時間が多すぎて、結局やっぱいいか、となってしまうことがありました。

 

だけど、やっぱり勢いも大事だなと実感。

私はあるダンス集団に所属しました。それは本当に勢いです。でも、だんだんと続けるべきか迷って来ました。

多くの方に、怪しいし、他にやるべきことあるんじゃない? と反対されました。頑張ってと応援してくださる方ももちろんいました。賛否両論で、どんどん迷いが生じます。勢いでやったら、失敗するかも、、という考えがあるからです。

ある時は、よし! いいや、やろう! と思ったり、ある時はやっぱりやるべきではないのかも、他の手探してみるか! の繰り返しを何度もしました。

 

でも、もし何か一瞬でも衝動に駆られてやりたい! と思ったことは、やるべきなのではないかと感じるようになりました。

 

この課題のいうように、少しでも可能性があるなら、やるべき。

考えるより先に行動して、その後考えればいいし、その後試行錯誤していくのが自分にとっての勝負だよなって。

 

そう思えたのは、このダンス集団に、所属したことで、とっても素敵な私自身の初仕事を掴むチャンスに恵まれたからです。

 

ダンスで、のんさ〜ん!で、お金をいただけるお仕事の依頼。

嬉しすぎて、逆に冷静になってしまいました(笑)

 

でも、あとからゾワゾワと喜びが滲み出します。

よっしゃ、やってやるぞ! 絶対素敵なものにするぞ!!!!

 

私がこの集団に飛び込んで上京しなければ、

こんなチャンスに恵まれることはなかったでしょう。

自分の名前でお金がいただけるなんてこと、

なかったでしょう(もちろん無名なので、それ相応のギャラです)

本当にありがたい。うれしい。

 

 

だから、やっぱりやってみるべきです。

ときめいたものに頭を冷やす時間なんてもったいない。ダメだったら即やめることもできるんだし。

 

でも、結構直感で飛び込んだものは続く傾向にあります。

私にとっての空手やダンス、もそれです。

そして今はこれらに「書くこと」も加わっています。

 

今、気づくのです。

あの時勢いでやって見てよかったな、と。

一旦飛び込めば、なるようになるし、

飛び込んで、やっぱりやらない方が良かったかもと後悔する時期があったのは

つまりは、私ががやりきれていなかっただけだったんだと。

 

嫌だと思うことさえ

自分で乗り越えていける考えを巡らしていないからなのだなぁ、と。

 

ここが自分自身の考えすぎるところを発揮するところだろっ! と気づきました。

 

いや〜、うれしいな、素敵な世界だな。

 

だから、私は男の子たちが本当にくだらないことで馬鹿騒ぎをしているところを見ると、とても羨ましいです。女の子ってちょっと違うじゃないですか。あの感じと。

 

男たちの馬鹿騒ぎと同じくらい、おもしろそっ!  と思ったものは、飛び込んじゃいましょ!!!(他人に最低限の迷惑はかけないよう)

 

きっと素敵な世界が待ってる。

私はそう信じる。

 

 

春だなぁ。みんなが新しい毎日に向かってる。

f:id:nonchoco2525:20170404161334j:image

 

春ですね。

4月。

新しい生活がはじまった感ハンパなく感じています。

SNSとかSNSとかSNSとかで…(笑)

 

私もそう。

これからです。出発はすぐそこ。

実感が湧かなかったけど、

 

じわじわ今、その感じを感じてきています。

自ら動いて自ら考えて生活していかなければ。

 

ちょっとした覚悟をしたところでした。

 

 

写真は菜の花です🌼🍀🌸

湯がいておひたしにして胡麻ドレつけて食べました☺️

本当に美味しかった〜!!!!

菜の花買ってもどう料理すればいいかわからんと思って手が出せていなかったけど、

全然そのままでも美味しいし、豚肉とあわせても美味しいし、とにかく春を感じれて、

菜の花食べるなら今でしょー!すぎました。

 

本当美味しかった、感動😭💓(笑)

 

4月早々菜の花に熱くなる女子ってどうでしょうか(笑)

 

1日1日、新しい気持ちで大切に過ごしていきたいと思います。

皆さんも身体には気をつけて、疲れた時はご飯よく噛んで頑張って行きましょう〜!!!

さしたらきっとうまくいく!(自分へ言い聞かせる(笑))

 

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 実家に居ると必ず陥る母とのやっかみ

 f:id:nonchoco2525:20170325222114j:image

68.図書館に行く

 

「仕事、お金、人間関係、幸せ……人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。
そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。
その『本』でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん? 
自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん? 
自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」

 

 

最近実家に帰り、母との関わり方に悩みを抱えました。

 

何かあればすぐにグチグチ言われ、いつもイライラきつそうな姿をみせる母をみると不快でなりません。

 

気を遣って家事を手伝ったり、話をきいたりするのですが一向におさまらず、激しくなるばかり。

そうすると私もイライラしてきて、

私だってキツイのに、、、

こっちは気を遣ってるのに、、、

 

でも、それを母にぶつけたら余計に

面倒なことになるし、体力を消耗してしまうため、良い解決法にはならないのではないかと思い、我慢し、ストレスになる、、という始末。

 

離れていると実家がいいと思うけど、実家に戻ってくると一人暮らしがいい、自由で1日中、皮肉を言われることもない一人暮らしがいいと思ってしまって、さあ大変(笑)

という日々を過ごしていました。

 

そこで、本を読みました。ガネーシャ課題ですね!!🤗🌼

 

おかしなことに、母から勧められた本です。

『さっぱりと欲ばらず』という本なのですが、

 

99歳おばあちゃんの幸せに生きる秘訣をがまるで友人に手紙を書くかのようにありのままで書かれています。

 

その中に

 

嫌なことは忘れて、いい思い出だけを大切にする

 

人の欠点はお互い様。だから人の悪いとこはみても見て見ぬ振り。良いところだけをみる。

 

と言う言葉に出会いました。

 

不思議なもので、

多分今まで多くの人や本に教えられてきただろうことなのに、

 

こう言う時に読むと、なんだか、

そうだよなあ。

と、純粋に受け止められます。

 

このおばあちゃんの長年の経験からなる純粋な確信ある言葉だからかな。

 

お母さん。

ネガティブ思考だけど、健康とか防犯とかメンタル面とか、いろんなところからサポートしようとしてくれる。

ネガティブなのは、ある意味完璧志向で、きっと、自分の理想を深く深く追求できるからなんだろうな。

 

無理無理言いながら、なんだかんだ見守って支えてくれている。

 

うん。

よし。

 

よく本は問題解決のために読むといいと言われるけど、

読んだだけでは解決しないし、

読んで行動しなければ解決にはならないけど、

 

読むことで、母のことを恨んで避けたりすることなく、あんなふう、こんなふうに向き合おうという姿勢ができました。

 

スタンス?といったほうがいいのかも。

 

これからもよろしくね、お母さん。

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 お金の威力ってすごい(笑)

f:id:nonchoco2525:20170308145456j:image

67.決めたことを続けるための環境を作る

 

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。
意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

 

子供の頃の方がこれができていたような気がしてなりません。

そのため、無意識でやってたということになります(実際無意識的だったし)。

 

1番そう思うのは、

高校受験の時です。

 

どうしても第1志望高校に受かりたかった。

 

でも、勉強はしたくない。

 

いやいや、勉強しないと受かりませんよね。

 

それでかつての私は何度もこう口にしたのを覚えています。

 

私はやらされないとやらないから、塾に行く

 

やらされる環境に身を置かなければ、

嫌でもやるしかない環境づくりをしなければ、やらないということを自分でしっかりと理解していたんじゃないかと!!

幼い頃の私の方がしっかりしてるような気もします(笑)

 

今は、やりたくないからやらなーい、

やりたいけどめんどくさーいからやらなーい、

 

っていう気持ちになることも増えた気がします。

 

でも、これは、別に悪いことじゃないかもしれないなと思っていて、

 

昔の私は、このことに気づいていなかっただけなのじゃないかなと思うんです。

 

大きくなって、そういう怠惰な部分が自分にあることが目につくようになってきた。

許せないようになってきた。

 

気づきがあったということなのかな、と。

 

ただ、やらないと!と思うことを

確実になんの邪念もなくやってのけていたあの頃のような行動がとれていないことが勿体なさすぎるな〜と思いました。

 

勉強やらされないとできないから塾に毎日通ったし、

家で勉強できないから毎日図書館に行った。

 

その結果、チョー勉強していたと思います。自分でも思う、ほんと。

 

 

そのくらいのストイックさ?をつくるにはやっぱりこの課題しかない!!(笑)

少なくとも私には!(笑)

 

 ってことで、家にお菓子を置かない!

あと、これは偶然の産物??なのですが、

大きなお金を損失したので、嫌でも節約生活に身が入るようになり、いかにして浪費を防ぐか、どこにお金を使うのか、をめっちゃ考えるように。

 

お金がないって、すごい(笑)

お金の威力ってすごい(笑)

 

強制的にお菓子もご飯も電気とかも節約するから、電気もったいないから早く寝るとか、電車代もったいないから走る=運動になる、とか、飲み会控える、余計なもの買わないとか、

いつも負けていた誘惑に打ち勝てるようになって、すごく無駄が省けてる(笑)

 

まぁ。

買わないじゃなくて、買えない。

食べない、じゃなて食べ物ない。

っていうだけなんですけどね!!

 

この段階が習慣になれば、結果オーライ!!

 

ではまた!!

 

 

 

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 暴飲暴食やめるにはパート2

 f:id:nonchoco2525:20170301010727j:image

66.楽しみを後にとっておく訓練をする

 

目の前の誘惑を我慢できない人というのは...

「楽しみは後にとっておいた方がより大きくなる」という経験をしたことがないのでしょう。

たとえば、お金を使わずに貯金できる人は

我慢強い人というよりはむしろ、通帳にお金が貯まっていくのを見たり、そのお金で買えるものを想像する楽しさを知っている人なんだとおもいます。

結局、人は楽しいことしか続けることができませんから

 

↑は『夢をかなえるゾウ』に出てくる貧乏神幸子さんの言葉です。

 

これを、ついさっき実際に体感したな〜と思ったので、今日はその話です。

 

つい先日、暴飲暴食やめるにはっていう記事をアップしたのですが、

http://nonchoco2525.hatenablog.com/entry/2017/02/15/073404

 

今回は、そのパート2になります!!!

ガネーシャの課題を通して発見した私のオリジナルな、考え方なので、まあ、はい、参考までにしかならないですが、

へんてこなので、面白がってもらえれば幸いです(笑)

 

 

お金を貯めるのも、暴飲暴食しないというのも、やることは同じだなとおもいました。

 

 

だって、どちらにも誘惑があって、

それに打ち勝つためのちょっとした勇気が必要なんです。

 

そんで幸子さんが言うように、

その誘惑に打ち勝った時に得られる大きなものを想像できる人が夢の実現に一歩近づくことができる。

 

私は相変わらず

食欲が止まりません。

 

 

すぐに「お菓子食べたい!!」って脳が思うんです。

たとえ、お腹いっぱいであっても😵

 

習慣ってこわいですよね〜。

そんでコンビニ、スーパーぷらぷらしちゃう。

 

でも、最近、そこで踏みとどまるようになってきました。

 

菓子パン1個を手にとって、

3分ほどにらめっこ、、、、😑😑😑

 

考えます。

 

今、食べるのか??

これ食べて、後で後悔するのがオチじゃないか?

これ食べたら、食欲スイッチ入って、もっと食べてしまうのがいつものオチじゃん??

 

今ちょっと我慢したら、

後悔しないし、お腹もスッキリする。

ダンスにも支障がない。

食欲スイッチ押さないから余計なお菓子食べなくても平気になる。

 

それが習慣にできたら、

健康にもいいし、プロのダンサーとしても良い身体になれる。

 

そうだ、この積み重ねだよ!

ほら!食べ物のことじゃなくて、他のことで気をまぎらわせ!!

 

あ、、なんか、食べんくても、大丈夫になってきた、、かも、、

 

よし!

さっさと帰ろう!

さっさと風呂入ろう!

歯磨きやっちゃえば、無駄なもの食べなくて済む!!

 

ほら、いい循環が巡るぞ〜!!

 

ってなことを自分に言い聞かせるんです。

 

 

それが楽しみを後にとっておく訓練。

“訓練” なんですな〜

 

それを問いかけて、

最近は3勝1敗くらいの勝敗で

暴飲暴食しなくなりました。

 

目指すは

ロダンサーみたいな美しい身体と、

体が資本であるプロダンサーになるためには必須な自己管理能力を身につけるためです。

 

ものかきミュージカルダンサーになりたいから。

 

だから、頑張れる。

 

だらけるのなんていつでもできる。

 

誰もだらけるな!なんて言いませんもん。

頑張れ!とも言わない。

 

全部自分次第。

 

ならば、やるしか!

 

結局、人って楽しいことしか続かないって言うのは、

本当に好きでやりたいことのためなら、それがどんなに大変でも、ちょっと我慢しなきゃいけないことでも、

それを超える喜びがあると思えるものなんですね!!

 

ということから、

貯金も暴飲暴食も同じやな〜と思いました!!

 

誘惑に勝ちたけりゃ、

想像豊かに!!!!

そんで少しだけ勇気を出して吹っ切れ!!!

 

 

これからも訓練続けようと思います😊👍🎂

甘党なのは一生変わらないと思うけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 きばらず(笑)

f:id:nonchoco2525:20170224183111j:image

65.何か一つ1日やめてみる

はい、こんな課題があります(笑)

 確か、自分がすごいと思っている人も、自分も同じように24時間しかなくて、ごはんだって睡眠だってとらないといけない。

 

なのに、こんなに自分の差があるのはなんでだろう??

 

ってことで、

ガネーシャは、限られた時間をどうやりくりしていくかということを大切に考えられるよう、この課題を出したのだと思います。

 

ついやっちゃいますよね。だってなんか幸せだし。だらけたいし。

 

テレビ観て〜、おかし食べて〜、ぼーっとする(笑)

 

疲れて帰ってきた後なら余計にこんな感じになっちゃう。

 

まあいっか〜って。

たまにはこんな日もいいよね〜って。

 

それが毎日になってしまってないかな〜?

 

そう考えた時、わっ、これ、習慣づいてきてないか?!と、危機感を覚えたワケです。

 

それで、この課題を思い出し、

やってみました。

 

お菓子やめるのはちょっと厳しかったので(笑)、

テレビを昨日、1日観ませんでした。

 

朝、夜、帰ってきたら、つけてしまうことが多かったテレビ。

 

ついつい観てしまって、

出勤がバタバタになったり、夜眠るのが遅くなったり、、、の原因になってたように思います。

 

それが!

昨日、少し我慢しただけで、

朝、いつもより余裕持って出勤できた!!自然にですよ!😳

 

あと、夜、やらなければならないと思ってできていなかったタスクが思い掛けず片付いた!!

 

あ、テレビ観ないようにしたんだった、あ、この時間にアレ終わらせちゃお。

 

そういう思考になりました。

 

このテレビの時間が、別のことに使える時間だと身をもってわかったんです。

 

 

1日、テレビ観ないだけでも、

これだけ変わるんですよね!!

 

昨日みたいな時間の使い方をどんどん増やしていけたらと思う今日この頃です。

 

 

きばらず。