私というちっぽけな表現者

もの書きミュージカルダンサーへの日々。

早くお知らせしたいのに…😣

 f:id:nonchoco2525:20170816172252j:image

伝いたいこと、書きたいことがありまして、

すでに書きあがっているのですが、

ブログの方にまだ公開できないのが、ほんとに待ち遠しいです...😂

 

お知らせできる時がきたら、

盛大にお知らせするので、よろしくお願いします!ほんと、めちゃめちゃ内容濃いものとなっているので!!

 

そして今日は、

あるダンス教室の見学に行きました。

 

今回、見学の目的は、

「踊る方」ではなく、「教える方」を研究するためです。

 

私は本当に教えるのが下手です。

今まで、自分のことしか考えてなくて、どうしたら上手くなれるかばかり考えていました。

 

人に教えてあげよう、なんて思いもしなかったんです。

 

でも、そのせいで私は人にわかりやすく伝えるということに苦手意識を持つようになってしまいました。

 

そして今日、子どもたちにダンスを教えている先生方の姿、そしてはじめて踊るのに、めちゃくちゃ笑顔でみるみる踊れるようになる子どもたちを見て、とても感動しました。

 

子どもたちが素直に先生の言うことを吸収しているというのもあるけど、

先生のマジックのような指導力、教育力があるからあんなにすぐ、自然と踊れるようになっていくということを知り、

自分の足りないところを、こんなに素敵な形で気づかされることになり、涙が出てしまいました。ほんと、涙もろい(笑)

 

私は、今まで、子どもたちの素直な吸収力がすごいと思っていたのですが、

どうやらそれだけでは全くないようで、

教える人のマジックのような教育力がきちんとしていなければ、こんなに自然に踊れるようになることはないのです。

 

子供のころ間違った指導を受けていたら、大きくなって中々その癖は抜けません。

そういう話をダンサーであり、先生でもある方からよくききます。力ずくではなくて、細かな体の使い方を知らなければ、身体を壊してしまう、と。

だからこそ、なんでも吸収してしまう子どもの頃の教育って大切なんだなと思いました。

 

 

私が今日見学した教室は、

子どもたちの明るい未来のために、たくさん試行錯誤し勉強されていました。

 

教えるっていうことは、本当に奥が深いのだろうな、でも、私も学ぶ必要がかなりあるな〜、ここで学びたいな〜と、とても思いました。

 

 

地元で、踊る・書くWSを開催するためにもとても貴重な時間を過ごせたと思います。

 

さあーて、今日もいい汗かきました!

どんどん成長するぞー!!

プロになっても変わらないのがプロ~トークタイムで学んだこと~

 

f:id:nonchoco2525:20170812210920j:plain

先日、5月よりレ・ミゼラブルのテナルディエ役を務められているKENTAROさんのワークショップに参加しました。

 

なんか不思議で、ガッツリ踊れば踊るほど、

踊っているというよりもお芝居している感覚に私はなっていきました。

 

やっぱり現役でミュージカルの舞台に立たれている方と踊っていると、その作品の曲の役になりきって踊るっていうのを肌で感じることができたのかなぁ。

 

15分ほどトークタイムがあったのですが、

そこで感じたのは

 

言ってることは何ら変わらないなぁということ。

プロとしての意識って、

それを目指している者であれば必ず

こうした方がいい、ああするべき、っていうのを言われる機会は絶対たくさんあって、

 

今回もやっぱり

いつも言われることをKENTAROさんの言葉で丁寧に言っていただきました。

プロになって意識するのではなく、

今、舞台人や表現者としてあるべき意識をしていなければプロになれるわけがない、

というか、プロになりたい人じゃない。

 

そういうことなんだろうなと、思いました。

 

そして、今回1番ハッとしたのは、

ある女の子が

「感情のコントロールがうまくできず、

喉固まって歌が歌えない」という相談をした時のKENTAROさんの答えでした。

 

 

「それが普通なんだよ。

 

でもね、役者の役割は活字に色をつけて行くこと。だから、表現する側は、お客さんの先をいってなきゃいけない」

 

 

この言葉、胸にググッときませんか??

 

表現する者は、物語を、話のその先を知っているんです。でも、あたかも知らなくて絶望に泣き叫んだり、這い上がっていく姿をお客さんに届かなければならない。

 

先を知った上で、伝わるように演じるって、

相当稽古しなければ届かないと言われていました。

 

感情ばかりが先行してもダメだし、

ただ演じるというだけでもダメ。

 

その塩梅を良くするために稽古がある。

 

何かを表現する時、

ナマ(生)の感情が1番気持ちいいと思います。

 

でも表現者は、それではダメで、客観的に自分を見る自分をもう1人持っていなきゃならない。

 

そこが表現者の生みの苦しみでもあり、醍醐味なのかもしれません。

 

でも、私はこうも思いました。というか、昔からそう教わったり、

自分でも本当にそうだと体感しているのですが、

意識しなければならないことを無意識にできるようになるまで稽古する。

その極致にいかに近づくことができるかが、

プロとそうじゃない人の違いなのだと思います。

 

例えば、舞台に立つ自分の位置、ではけのタイミング。細かいところまでいえば、ここは腕を伸ばして、ここはピシッと決める。そんなことを考えながら、気持ちを込める。

 

でも、技術的なことは、体に覚えさせて、考えなくてもできるようになるところまでやって、後は気持ちだけ!! ってくらいにしとくのが、舞台人として一番気持ちよくて、お客さんのためにも完璧なパフォーマンスになるところなのだと思います。

 

これはずっと私の心の中でいつも思っていることで、言ってしまえばこれができているかできていないかで舞台の良し悪しが、自分の中で決まってしまいます。

 

あー今回は良くなかった。今回はよかった! とか。

プロなら百発百中できてなきゃいけないんだと思うのですが。

そこの確率をどんどん上げていこうと思います。

 

そういわれると、KENTAROさんが言ってくださったことは、

幼い頃から言われていることがほとんどなんですよね。

基本的なことばかり。でも、その基本をどんなに立場や環境が変わってもできるかどうか、なんですよね。

そのことを改めて感じました。

 

 

 

 

 

あ!! あと、「必要枠」のお話もめちゃめちゃ励みになる話だった!

これはまた次回のお楽しみにしときますね!!(笑)

 

 

怪我をしない筋力づくりを大切にされているので、腹筋がきつかった(笑)

 

 

 

思ったより落ち込んでいない。むしろ前向き

f:id:nonchoco2525:20170730104512j:image 

こんにちは。

セミも鳴く鳴く、夏ですねー!!!

 

つい先日から、

私、ついに、歯の矯正治療を開始しました。

 

小学生の時にも矯正治療を歯医者さんにすすめられていたのですが、歯並び悪すぎて抜歯が避けられないと言われ、治療費に100万かかると言われ、

 

幼いながらこんな大変なんだ〜っと

ビビりまくり、まあ、歯並び悪くても生きていけるし??お母さんもあんまり歯並び良くないけど、困ったことないって言ってるし??

 

っていう結論に至り、ここまできたのでした。

 

でも、やっぱり、表舞台に立つには、歯並びって重要なんですよね。

舞台に立つ人で歯並びが悪い人、ほとんど見たことがない。

というか、1番は自分の気持ちなんです。

気にしてしまって、演じることに集中できなくなる。

 

その呪縛から解かれるために、今回決意を決めたんですよね。

あ、それと土屋太鳳ちゃんも、舌の手術を頑張って乗り越えてたから、私も頑張ろうって思えたってのもあります(笑)

 

それでこないだ、器具を少しだけ取りつけたんです。

ほら、矯正治療の難って、器具が目立つことと、痛いことじゃないですか。っていうかそうお医者さんも言われるんですが、

 

私、落ち込むかな〜って思ってたんです。

まだ、奥歯にしかつけてないからぱっと見矯正治療をしているってわからないんですけど、

 

ご飯食べにくいし、固いの食べれないし、喋りにくいしで、やっぱ大変なんですよね。

 

でも、思ったより落ち込んでいなくて、むしろ前向きな気持ちなんですよ。これには自分でも驚きました。

 

やっと、ずっと抱えてきた悩みに立ち向かい、それが改善に向かうんですよ。

それに比べたらちょっとくらいの痛みや、やりにくさなんて、へでもない。

 

だから、

ご飯ゆっくり、少ししか食べれないから痩せそう!!

とか思っちゃってるし。

 

歯並びが良くなっていくんだっていう事実の方が嬉しいんですよね😊

綺麗になるイメージが湧いてくるから!

 

お知らせも兼ねてでした(笑) 

今日も一日元気に行きますよ〜!!!

 

 

ダンスをすれば仕事ができる?!友人のバイト先の話を聞いて

 f:id:nonchoco2525:20170727171946j:image

先日、友人とこんな話をしました。

 

本当にバイトが大変だ。

周りを見れてない人が多すぎて、イライラしてしまう。

自分の仕事をしながら、指示もしないといけないし、

できてない子がいたら、自分が怒られる。

 

ああ〜もう嫌だ、と。

 

単なる愚痴のようなものを聞いていたのですが、

彼女のある一言に、私は耳がピクッとなりました👂

 

細かいところに、自分が気づいてしまうけん

こげんなるっちゃんね〜

 

 

なるほど、

彼女は人が気づかないことに気づける

だから、アルバイトの身にも関わらず、

社員さん差し置いて指示を任されるほど仕事ができる

 

それで、

「もうちょい自分で周りみてこうすればいいんだな、こうやったらどうかなって工夫してやって欲しい〜」

っていう嘆きもでてくるわけですな。

 

彼女もこうなるまでに、

たくさん努力を重ねてきたみたいです。

だからこそ、周囲が言われたことしかやっていないのをみると、もっとちゃんとしてよって思ってしまう。

 

人には向き不向きがあって、とか、

まだはじめたばっかりだから、とか、

できない理由はいろいろあるかもしれない。

だから、愚痴をいうのはあんまり良いことではないし、それを聞くのもあんまり良い気持ちはしないけど、

不思議と、彼女の気持ちもわかるなぁ〜って思いました。

 

彼女とは高校時代、

一緒に踊っていた仲間で、良きライバルとも言えるほど切磋琢磨していました。

 

ダンスって、めちゃめちゃ客観的な視点がいるんですよ。

 

周りだけでなく、自分のことも客観視しなきゃダメで、

 

なぜかっていうと、

どうやったら綺麗に見えるか、力強そうに見えるか、苦しんでいるように見えるのか。

 

全ての動きと流れを研究しなければならないからです。

 

研究には、周囲の情報が必要で、それと自分を比べて分析して、結論導いて、自分のものにするために何度も練習する。

 

それを高校時代、永遠毎日繰り返していたんです。

 

彼女が自分と周囲をみて行動するのに長けているのも、納得がいきますよね。

 

ダンスって魅力的な1つの表現手段だけど、

日常の中でとっても活かされる能力を鍛えることもできるんだな〜としみじみ。

 

だから、

小さなお子さんとかにも良いんじゃないかな!

 

下手でも、別にプロ目指さなくても、

賢く生きていけるちょっとした武器が楽しく身につく!!

それだけで素敵なこと。

 

それでは、今日も1日ありがとう〜😊🍀🌼⭐️

 

 

 

 

 

 

水野敬也著 夢をかなえるゾウ「環境と慣れ」でできること

f:id:nonchoco2525:20170725231350j:image

75.決めたことを続けるための環境をつくる

人間の意思は弱い。だからこそ環境づくりが大事。 例えば、テレビを見ないと決めたら、テレビは捨てる。

 

「本気で変わろ思たら、意識を変えようとしたらあかん。
意識やのうて『具体的な何か』を変えなあかん。具体的な、何かをな」

 

 

最近、毎日ストレッチが習慣化してきました。当たり前になってきた。

でも、この習慣化、よしっ!やるぞ!って思ってできるようになったのではなく、

毎日ストレッチできたらいいな〜ってぼんやり思っていたのにも関わらずできるようになってしまったんです。

 

おどろき、とどろき(笑)

 

では何で、自分で言うのもなんですが、

一生懸命!やる気満々!的な私が

こんな風にゆる〜く、決して規則的ではない日々の中で習慣化できたのか。

 

それを考えてみたら、この課題に行き着きました。

 

自然に自分でストレッチの環境をつくっていたのです。

 

しかも、仕事が効率よく終わるという特典付き(笑)

 

そう、あんまり大きな声では言えませんが、

比較的ルーズなアルバイト先の環境を利用し、

 

仕事を完ぺきに終わらせて、空いた時間でストレッチする!

 

っていう荒技とも言えるようなことをやっちゃったのです、賛否両論あるかと思いますが、、(笑)

 

でも結果的に、こうした方がいいかな?ああした方がいいかな?って、キビキビ仕事をして、

仕事はほぼ毎日のことだから、

ストレッチも無理なく確実にできる。

 

とまあ、こんな感じで環境をつくってみたら、

いつの間にか習慣化することができていたというわけです。こういうのが割にもあってた。

宿題終わらせて、デザート!みたいな(笑)

 

やっぱ、環境づくりって大事。

そんで、自分に合う環境と巡り会えたらいいよね。

 

あとあと、

最近ダンスのレッスンが嫌じゃなくなってきたんです!

 

自分がやりたいことのためにレッスン行ってるのに、

嫌じゃなくなってきたっていうのは変なのですが、

やっぱ人間だから、体調とかその日の気分とかでやる気が起きない日もあるもんです。

どんなに好きなことでも、続けるって難しい。

 

でも、いつからか、淡々と特別浮きもせず、かと言って沈みもせず、毎日のレッスンに真摯に向かっていけるようになりました。

 

こうなるまでには結構時間がかかるもんですね。

この状態って、何なのかな?っていうと、

簡単にいうと「慣れ」だと思うんですよね。

 

初めてのアルバイトだって、慣れるまでが大変で、

慣れれば楽チンってよくいうじゃないですか。

そんな感じです。

 

だから多分、何かを続ける際、

環境をつくったら、あとは慣れるまで頑張るっていうのも大切な心得かもなと思いました。

 

そのおかげで、力入れ過ぎず、抜き過ぎず

踊ることができています。

 

いやー、確かに

高校生の時、朝課外とかあったから毎日6時とかに起きなきゃだったけど、

それも毎日やってたら慣れてきたし、

部活も毎日あったから毎日踊れてたし、、、

 

今も毎週5000字ライティングしてるの、大分慣れてきたし!

 

今、キツイわ〜って思うことも、

昔は難なくやってたりしますよね。

キツイわ〜って思うことでも、ちょっと踏ん張れば、なんてことなくなるってことありますよね!

 

毎日部活行ってるような気持ちでこれからもレッスン励もう😊

いい感じです。

 

この気づきが、

夢につながっていますように💓

 

 

 

 

夢をかなえるゾウ 水野敬也著 簡単には変わらない性格の軌道修正

f:id:nonchoco2525:20170712193720j:image

74.コンビニのお釣りを募金する

 

ロックフェラーくんはな、スタンダード・オイル社ちゅう会社作った石油っ子なんや。

まあ言うたら、億万長者や。

でな、このロックフェラーくんはな、昔からずうっと欠かさずやってた習慣があるんや。

それが寄付なんや。

 

ロックフェラーくんはな、まだ若いうちから収入の1割を寄付し続けてたんや。

全然お金持ちやないころからやで。

 

ええか? お金いうんはな、人を喜ばせて、幸せにした分だけもらうもんや。

せやからお金持ちに 『なる』 んは、みんなをめっちゃ喜ばせたいて思うてるやつやねん。

世の中の人を喜ばせたいっちゅう気持ちを素直に大きくしていくことが大事やねん。

そやから寄付すんねん。

自分はとにかく人を喜ばせたいし、助けたい。 そういう人間になることや

 

私の人生を変えてくれたと言っても過言ではない本、『夢をかなえるゾウ』の課題、

久しぶりに実行しました。

 

それが、上の募金です。

 

先日、九州北部豪雨という自然災害が起こりました。

 

それで、高校生が駅前で募金活動をしていたのです。

 

たまたまそこを通りかかった私。

 

高校生が本当に大きな声で

「九州北部豪雨の募金活動を行っています。ご協力をお願いします!!!」

 

と、本当に必死に叫んでいたんですね。

永遠に繰り返して。

 

なんか、その姿に圧倒されてしまって、

最初、通り過ぎてしまったんです。

なんか、ちょっと恥ずかしいし。

 

でも、モヤモヤしたので、トイレ行ってから募金しようかなと駅のトイレに入りました。

 

戻ってきて、よし! やるぞ!

と思ったら、その高校生たちは次の場所へ移動をはじめようとしているようで、

 

もう、叫んでいなかったんです。

 

あー、やっぱりいいか。

なんか、今募金するタイミングじゃなさそうだし。

 

そうやってまた彼らの隣を通り過ぎようとしました。私の肩にはよくわからないモヤモヤがのっかっていました。

(この時ガネーシャの課題は頭に全くなかった)

 

「っんー!!!

モヤモヤするくらいなら、募金すればいいやん!」

 

「いやでもなんか、いい人ぶっとるみたいやん。良く思われたくて募金しよる、みたいな」

 

私の心の中でこんな会話が生まれていました。

 

「あー、そうやってまた世間の目を気にしとるんやね。

人のことなんてどうでもいいやん。

そういう考えに打ち勝って、堂々と募金できる方が断然かっこいいやろ」

 

ここで決まりました。

 

いいや!
募金の呼びかけあってないけど、戻ってぼきんしてこよ!!!

 

私は「募金します!」

とハッキリ言って、小銭を入れました。

 

すると、また大きな声で

「ありがとうございまーす!!」という声がいきなり飛び交いはじめました。

 

少し恥ずかしくて、すぐその場を去ったのですが、

私が募金したその後から、移動中も

募金協力の呼びかけをはじめたようでした。

 

いつもは私、少しモヤモヤしながらも

通り過ぎてしまうタイプなんです。

立ち止まるのがためらわれる。

いいことなのに。

 

でも、それが積み重なって、

通り過ぎるのが当たり前になろうとしてたんです。

そのほんの少しの行動が積もり積もって性格にも現れてくるんじゃないかと思いました。

ロックフェラーさんと同じことですよね。

 

たまに、いません?

この人どんだけ優しんだ!性格いいんだ!!っていう人。

 

私はそういう人に会うとびっくりします。

すごいな〜、と尊敬します。

もしや、今だけ、外面だけとかではないよな〜?

どうやったらこんな風になれるんだ?

私は自分のことばっかだよ、、、

 

 

そう思っていたのですが、こういうところかもしれませんね。

人の目気にせず、自分がすべきだと思ったことをやれるか。

 

 

募金をした後、とても清々しい気持ちになりました。

 

「ほら、やっぱりやってよかったじゃん」

もう1人の自分がそう言った気がします。

自分のためにやったのか、被災者の方のためにやったのか、高校生たちに同情したのか、それはよくわかりません。

 

でも、確実に言えるのは、自分の気持ちがスッキリして前向きになったということ。

 

考えたのは、

 

募金を通り過ぎるのが平気になってしまっていたら、それがそのままの性格になる。

別に募金をしない人が悪いと言っているのではなく。

 

性格は対人関係、仕事関係いろんなところで頭角が現れますよね。

 

うん。私はその逆をいきたいと思いました。

 

え? そんなの当たり前だよって?

 

そう。当たり前の純粋な感情をなんだか肯定するのが下手になっていたんですよね。

 

20年以上生きてると、いろんな考えに触れて、考え方が複雑になってきたからですかね〜😂

 

でも、私がすごいな、と思う人は、自分が良い! と思うものは堂々と良い!っていう強さを持ってる気がします。

そしてそれが結構、当たり前の純粋な感情だったりするんですよね。

 

よし、今回のことで少しは軌道修正できたんじゃないかな。

 

 

 

 

 

 

 

歌、TAP、舞踊はじめています。そんなにやって大丈夫なのか?!ってツッコミたくなる方へ

f:id:nonchoco2525:20170712174653j:image

 

新しいものって何やっても楽しい!

ワクワクが止まらない!

心がオープンになる!

未知なる冒険の始まり!

 

無知な私にどんどん浄化した水がカラダの中に入ってくる感じ。

 

そりゃー自ずと頭の中も刺激されて活性化しますよね!

 

と私は思うのですが、あなたはどうでしょうか?

 

私は6月から

歌とTAPに手をつけ始めました。あと舞踊もちょっと。

 

 

いや〜!それがもう本当に楽しい!面白い!

 

歌うって

呼吸、発声の仕方(高音低音の出し方や顔の中のどこを使って響かせるのかなどとっても濃い分野)、楽譜をどう読み取るか、リズムの掴み方…

などなどたくさん意識すべきことがあるんですよね。あと、めっちゃ呼吸するからストレス発散にもなる!

 

 

一般的に言われる歌手からミュージカルなどの舞台で歌う歌手、オペラ歌手とか、

歌手って世の中にたくさんいて、耳にしたことはあるけど、

 

こんな風にして歌ってたんだー

 

だからあんな声が出るんだー

 

いや〜すごいなー、むずいなー

 

めっちゃ練習したんだろうな〜

 

って初めて歌う人たちのやってることを知って、なんだか感心した(笑)

 

そんでその人たちと同じ第一歩を踏み込めたことが純粋に嬉しかった。

知らないことを知るって世界が広がるよね。

 

TAPもそう。

まだまだ下手くそだけど、

TAPダンサーっぽく曲にのせてリズムを踏めるようにると、

うわー!すげー!

TAPダンサーっぽい!!

ってテンション上がるよね。

 

思えばダンスだってそうだった。

 

初めてのことなら、

基礎だって楽しかった。

できないから夢中になる。

同じ動きをどんだけ繰り返しても飽きることはなかった。

 

その基礎が活かされて、1つの曲や作品を踊れるともっともっと楽しかった。

 

 

 

ねー。それなのにね〜。

 

少しできるようになってくると、

初めての時のキラキラした気持ちってだんだん薄れてきちゃってね。

 

あんな一生懸命だったのに、

毎日の練習でなーなーにやっちゃうことも出てくるようになるよね。

 

 

たぶん、初めてやった時はこれヤバイ!一生やるわ!

って思っても、

あれ? なんかもう飽きたって思って辞めていくものもあると思う。

 

でも、たまにダレてもそれでも続くものは

本物なんじゃないかな〜って信じたい。

 

だって、ダンスの基礎。

調子が悪い時とかもあるけど、

いまだにまだまだ下手くそだ! もっともっと!磨くべきとこがあるって本気で思ってる。

 

まだまだ全然自分の踊りに不満足。

 

目指してるところが高いから、当たり前だけど。

 

だから、初めてのときの気持ちはもうあんまりないけど、

それとはまたちょっと違った

静かなやったるで、ゴォォー🔥

っていう想いは消えてないみたい。

 

新しいことを何でもかんでもポンポンやるのは

1つのことをやり続けることと比べて中途半端になりそうで

あんまり良いことだと思えなかったのだけど、

 

新しいことにたくさん手をつけて、

没頭すると、

自分がずっと続けていくものに

何らかの形で繋げられるんだと感じた。

 

私がダンスを始めたから、歌やTAPっていう新しい分野に広がることもあれば、

 

書くことが、自分のダンサーとしての活動に繋がることもある。

 

続けること続けないことに良い悪いはなくて、

人生、やりたいことをやってみて

わーい!🙌最高〜!

 

ってたくさんなった方がいいじゃん?

 

 

そう思った次第です。

というか、思えば人生、これの連続かもしれない!

赤ちゃんの頃から新しいことをどんどん取り入れて今まできてますよね?その質と量が人によって異なるだけで、

私はその質と量をたくさんあげていきたいって思ってるんだ!

 

そしてそして、今、企んでることがあります。

これも初めてでのことだから、まだまだ企み途中でどうなるのかわからない部分もあり、ドキドキワクワクです。

 

それでもやってみようと思います。

やるからにはしっかり!

 

その企みというのは、

地元で初心者向けのダンスのワークショップです。

どうしたら駆け出し途中の私のワークショップにお客さんが来てくれるのか思考錯誤していて、イケるかも?っていう案も出て来たりはしました。

 

私を知っている方で

やらない方がいいよ、とか、

こういう考えを持った方がいいよなど、

アドバイスがあれば教えていただきたいです。

 

 今日も明日も気分が沈むことがあったとしても、

何か1つ良いことに出会えますように。

 

それでは。